弱酸性とアルカリ性、石鹸としてはどっちがいい?

洗顔石鹸最強ドットコムは、洗顔石鹸を納得いくまで理解する事が可能なHPです。洗顔石鹸に対する疑問に思っていることがスカッと解決する事がOKになっています! - 弱酸性とアルカリ性、石鹸としてはどっちがいい?

弱酸性とアルカリ性、石鹸としてはどっちがいい?

石鹸は基本的にアルカリ性ですが、中性や弱酸性の石鹸も存在します。どちらを使うほうがいいのでしょうか。

人の肌は弱酸性です

 人の肌は弱酸性ですので、アルカリ性は肌を傷めるという指摘があります。つまり弱酸性のほうが肌にやさしいという理論ですね。超短期的な視点から考えると、この論は正しいのですが、現実的にはあまり意味を持ちません。
 まず、弱酸性ではあまり汚れが落ちないという問題があります。まだ皮脂分泌が少なく汚れがたまっていない赤ちゃんや子供にはいいですが、汚れが落ちないということは古い角質が蓄積されていくということですので、肌のターンオーバーに乱れが生じます。結果、肌を美しく保つことができないということですね。
ターンオーバーって何なの?ターンオーバーで肌トラブル改善

アルカリの石鹸を使うと

 アルカリには、タンパク質の結合を切断したり、タンパク質の結合の構造を変化させるような特徴があります。一般には肌を溶かすイメージで、ヌルヌルするといわれますね。ですので、酸性より古い角質を落とす能力には優れています。
 アルカリの石鹸を使うと、肌がアルカリ側に傾きます。その状態から元の弱酸性に戻ろうとするときに、肌が突っ張る感じがするのですが、これは健康な状態の証ですから、少なくとも健康面で心配する必要はありません。
洗顔石鹸って、何が違うの?

つまりまとめると

 赤ちゃんや子供でない限り、アルカリの石鹸のほうがいいと言えそうです。では、今までの基本を踏まえた上で、人気の洗顔石鹸を見てみましょう。

Copyright(C)2016 www.avm-summit.com All Rights Reserved.