洗顔石鹸最強ドットコム~洗顔石鹸って、何が違うの?

洗顔石鹸最強ドットコムは、洗顔石鹸を納得いくまで理解する事が可能なHPです。洗顔石鹸に対する疑問に思っていることがスカッと解決する事がOKになっています! - 洗顔石鹸って、何が違うの?

洗顔石鹸って、何が違うの?

暑くて汗でベトベトになるとき、寒くて肌がカサカサするとき、どちらも簡単に肌をきれいにして心をリフレッシュさせてくれる石鹸。厳密には石鹸とは高級脂肪酸の塩の総称なのですが、そんなことは知らなくても日用的な意味で石鹸を知らない人はいないですよね。朝起きたとき、入浴のとき、その他ちょっとリフレッシュしたいときに、顔を洗うのに石鹸は重宝します。
洗顔石鹸
ところで、昔は「石鹸」ひとまとまりという時代もありましたが、今は、一口に「石鹸」といっても、いろいろな種類のものが作られています。
まずは、石鹸の大まかな分類を見てみましょう。
Amazon.co.jp: 洗顔フォーム – 洗顔料: ドラッグストア

石鹸にはどんな種類があるのだろう

工業用以外の、主に人体の汚れを落とす目的での石鹸には「洗顔石鹸」「化粧石鹸」「浴用石鹸」の3種類がありますが、一般に石鹸といった場合は、「浴用石鹸」を指します。
化粧石鹸とは、辞書で引くと「高級な石鹸」と出てきますが、薬事法における規制の対象になる表記のようですので、あまり一般に流布していないイメージはありますね。主に顔以外の身体に使うことが多いようですが、明確な規定はありません。
浴用石鹸は主に身体用として使われることが多いですね。
洗顔石鹸は、その名の通り、顔を洗う時に用いる石鹸です。
ところで、顔を洗うときに用いる洗顔料は、石鹸と洗顔フォームがあることをご存知でしょうか。

洗顔フォームと石鹸の違いって何

スーパーやコンビニなどでふと目をやると「ハンドソープ」と書かれた、押したらジェルやクリームが出てくるタイプのものがありますね。「手石鹸」と書かれているよりは格好いい感じがするイメージ優先のネーミングなのだろうと思う人は多いでしょうが、おおむね「石鹸」とは、固形に対して用いることが多い表記になります。さらにつけ加えると、アルカリ性のものが圧倒的に多いですね。
それに対して「洗顔フォーム」は、固形でないクリーム状のものが多いです。そして、中性、弱酸性のものが多いようです。
ですが、石鹸と洗顔フォームを分ける基準はそこではなく、厳密に言うと、配合成分の違いなのですね。合成界面活性剤が含まれているのが「洗顔フォーム」で、含まれていないのが「石鹸」です。

具体的にいろいろ比べてみると

合成界面活性剤とは何でしょう。また、身体用の石鹸で顔を洗ってはいけないのだろうか、など、様々な疑問は尽きないと思います。
ですので次に、具体的に色々と比較してみましょう。

Copyright(C)2016 www.avm-summit.com All Rights Reserved.